風を感じながら軽快な移動が出来るバイクは、多くの人に人気がありますが、趣味の他に日常的な足として所有している人も多いと言えます。バイクのためのバイクガレージは、日常的にバイクカバーやチェーンロックをしなくても、劣化や盗難の心配が要らなくなるといったメリットがあり、冬場は乗らないという方の長期保管にも適しているので、多くの人が利用しています。便利なバイクガレージですが、設置や利用法などの注意点を理解しておくと良いです。

 

バイクガレージ設置の注意点

建物と一体にガレージスペースを確保する場合も、離れとして独立したガレージを建てる場合でも、共通している事ですが、バイクガレージだからこそ気をつけておきたいポイントとしては、ヘルメットやグローブ、ライディングウェア、ブーツ等を置いておけるスペースを確保するという事です。

バイクを乗るうえでは必ず必要になるアイテムで、座りが悪かったり、意外と大きいものなどと取り扱いが面倒と言えます。ヘルメットは不安定な場所に保管すると、落下の衝撃で使用できなくなる場合や雨に降られた後のライディングウェアはしっかり乾かしたいと言えます。出先ではミラーに被せたりしますが、せっかくのバイクガレージなので、脱いだ後の装備品を機能的に収納できる棚やハンガーをつけるバーがあればおすすめで確保をしておく必要があります。

 

バイクガレージのメンテナンスと汚れへの注意点

バイクガレージの汚れ対策の注意点としては、泥やオイルの汚れを掃除できるように、コンクリートやタイル等の清掃しやすい素材を選び、排水が出来る設計にしておく必要があります。水勾配だけでなくガレージの内外の境に排水溝を設けることで、雨水に対しても効果を発揮します。

バイクガレージのメンテナンスのスペースとして、バイクの寸法や横に立って押す寸法に加え、最低でも左右1m程度の床面を確保できると安心です。複数台をガレージに入れたいという場合は乗り降りの寸法まで意識したスペースを確保する必要があります。本格的な電動工具を用いるメンテナンスを手がけている方は、電源を確保する位置を考慮すると良いです。

 

ビルトインバイクガレージの注意点

家を購入する時には、バイクの駐車スペースが気になるところです。外に駐車スペースを設けるのではなく、建物内部を駐車スペースとするビルトインガレージの特徴です。ビルトインガレージでは、ガレージの広さや敷地の広さによって、居住スペースを2階などに上げなくてはならない場合もあります。スペースに余裕がないと駐車が難しくなる恐れもあり、そうしたときには、ガレージに十分なスペースを確保することが大切と言えます。

バイクと言っても種類が多く、原付などは小さいですが、大型バイクにもなると出し入れが大変だったりします。密閉された空間にバイクを出し入れするため、排気ガスが溜まりやすい傾向にあります。趣味としてペンキなど薬品を扱う方などは、換気にも注意する必要があります。大型の換気扇をつけたり、換気窓を多めにつけたりすることをおすすめします。ビルトインガレージはガレージとしての使用方法だけでなく、他にもさまざまな活用方法があり、とても魅力的なものです。広くビルトインバイクガレージを設ける事で、バイク用具をしまっておくことが出来るメリットもあります。

マイホームを探したり建てたりする際には、ビルドインガレージを1つの選択肢にしてみると良いです。バイクガレージは注意点を理解して設置するなり購入する事で快適にバイクライフを楽しむ事が出来ます。快適なバイクライフの為にバイクガレージの注意点を理解すると良いです。

 

快適なバイクライフを目指すなら
ここのバイクガレージがオススメです!

バイクガレージ

関連記事

    None Found